2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011年01月17日(月)

子供たちの英語のレッスンスタート!先生は日本に留学歴あり!

こんばんは、まめです。


今日いつものように、子供たちを迎えに行きました。

娘の話では、今週から日本語の担当の先生が、英語を教えて下さるとか……。

実際お会いした事がなかったので、時間に迎えに行ったわけです。

去年までは、放課後英語の補習があったのですが、全て英語なので
毎日受けていてもどうなのか不安はありました。

上の子はなんとか大丈夫そうでも、娘は英語に関わってきた時間が少ないですもの。

娘は、学校で日本語の授業を選択していて、たまたま先生に尋ねたそうです。

「先生、英語教えてくれませんか?」みたいなことだったと思います。

そしたら答えはOK!だぅたとか。

こちらの学校の先生は、(他の学校のことは分かりません)学校の先生をしながら放課後生徒に教えているそうです。

家庭教師みたいな感じですかね。

実際、この先生にもレッスンを受けているお子さんが沢山いるようです。

今日先生に初めてお会いして、即、今日からレッスンがスタートしましたよ。

この先生は日本の留学歴ありで、とても日本語が上手!話しやすい女の先生でしたよ。(音大出身らしく、いずれピアノも習えればいいのですが……。少し予算オーバーになってしまうので、今は我慢ですね。)

レッスン代の相場もよく分かりませんが、1時間~ルピアという設定です。

終わってからの子供たちの感想は、二人とも「分かり易い!」でした。

学校の授業が英語で放課後も先生が英語より、日本語が分かる先生から教わる英語の方がそりゃあ、理解できますよね。

しばらく、この先生にお願いしてみるつもりです。

去年まで習っていた補習の先生は実は先生ではなかったようです。(がっかり……。)

去年の補習はワークブック中心だったそうですよ。

今回は、実際の授業で分からない個所も教えて頂けるそうです。(宿題も出たそうです!)

早速、日本語で書かれた月謝袋をいただきました。(さすが日本歴有りといった感じです)

こちらに来て初の月謝袋ですよ。

娘が、フランス語ではなく、日本語を選択していてくれてよかったです。

ちなみに、息子は中国語を選択しています。

しかし、どこにいても教育費はかかりますね。(ほ~)
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
20:48  |  バリの日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

Comment

学校の先生が補習をしてくれるのって理想的だなと思っていたところよ~。塾なんかに通うより、効率良さそうなんだけど。 でも、ニホンの学校の先生方は、事務仕事なども沢山抱えてるから、補習する時間・精神的余裕はないみたいだからね~。
ちっちママ |  2011.01.19(水) 19:42 | URL |  【編集】

●ちっちママさんありがとうございます。

今回お願いする先生は子供たちと同じ時間に仕事が終わるようです。
英語の先生も、サイエンスの先生も放課後教えているそうですよ。
さすがに校長先生は行っていないようです。(笑)


まめ |  2011.01.19(水) 23:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://balidept.blog110.fc2.com/tb.php/196-9e38a69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。