2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010年11月19日(金)

海外生活している人のパソコンが壊れる原因

のすぴ~です。

今や海外生活をするにはパソコンは無くてなならない存在ですよね。

ここ何年かで、海外に出ていてもインターネットのおかげで日本との距離がすごく近くなりました。

「パソコンがクラッシュしたら?」と思うだけで、日本との関係が遮断されると想像される方も多いのではないでしょうか。

今回は海外にロングスティする方向けに、パソコンが壊れる原因の一つだと思うことを書いてみます。




最近のノートパソコンは海外でも「コンセントに差し込む電源プラグ」だけ交換すれば使えますよね。

でも、ちょっと前までは海外旅行に行く際は「"変圧器"を持っていかないと現地の電源が使えない」とよく聞きました。

インドネシアの電圧は220V。日本の電圧は100V。

当然、日本の100V対応の電化製品を、インドネシアの電源に差し込めは「ボッ」と火をふきます。

現に子供が、Wiiをオシャカにしました。すぐにゲームをやりたかったんでしょうね。

日本から持ち込んだWiiに、さきっちょのプラグだけ交換して、電源に差し込んで、その瞬間、キナ臭い煙が出てオジャン。


ACアダプター1



でも、なぜ、ノートパソコンが、"変圧器"を使用せずに使えるかというと、それはパソコンからコンセントまでのケーブル(ACアダプタ)に付いている長方形の箱のようなモノが、変圧器の代わりをしてくれるからです。

念のため、その箱の裏面に小さな文字で、対応電圧が100V~240V(50/60Hz )となっているか確かめてくださいね。この範囲だったらインドネシアの電圧(220V)にも耐えられます。


ACアダプター2



残念ながら、任天堂のWiiは世界標準じゃなかったんですね。

日本から持ち込んだ電化製品は、まず電源にコードを差し込む前に、必ず対応電圧が100V~240V(50/60Hz )か調べましょう。対応していない場合は、変圧器を使用しましょう。




で、本題はここから。


インドネシアなどの発展途上国で、長期滞在でパソコンを使用する場合。

「自分のパソコンは対応電圧が100V~240V(50/60Hz )」だから大丈夫とか信じ切って、そのまま使い続けると、高い確率で数年で壊れるようです。

運が悪いと1年未満でイカレちゃいます。

それは、日本と異なり、時間帯や天候、その他の要因によって電源電圧が大きく変動するからです。

自分が住んでいるバリ島の場合、すごい電圧の揺れです。(笑)

1日の間、めちゃくちゃな電圧の変動幅。対応電圧の100Vを下回ることもしばしば。

停電すれすれまで電圧が低下するのも珍しくありません。

これは、簡単に言うと、毎日何百回もパソコンのスイッチを「ぶちっ」といきなり消したりするのと同じくらいの負荷がかかっているかもしれません。

これは、短期滞在ではなかなか症状がわかりませんが、長期滞在だとボディーブローのように効いてきます。

また、落雷が近くであった場合、電圧が「どばっ」と限界レベルを突破します。これは何も対策していないと、パソコンの死を意味します。

バリ島は、雷が凄いですから特にそうですね。雷が鳴り響いているさなか、無防備のままパソコンを使用しているのは自殺行為です。


【海外生活用変圧器】STAVOL(スタボル)1



ということで、結論は電源とパソコンの間に【海外生活用変圧器】STAVOL(スタボル)を使いましょうということです。


バリ島では価格 Rp250.000~300.000(2,500円~3,000円)で販売されています。

ロッテマート(旧マクロ)やデンパサールのパソコンショップのリモでも、ご近所の電気屋さんでも置いてあります。

ただ、STAVOL(スタボル・インドネシアの言い方だとスタフォル)は、違う商品名でもたくさん販売されています。

上の写真は「TOYOSAKIのSTABILIZER」ですね。機能は同じだと思いますが、念のため定員さんに聞いてください。赤と白で、だいたい同じデザインです。


【海外生活用変圧器】STAVOL(スタボル)2



●STAVOLは、ヒューズが付いていますので、電圧が高くなった時にヒューズが飛んで家電製品を守ってくれます。

●電圧が110ボルトと220ボルトの口が付いているSTAVOLは、日本の100ボルト専用の家電製品も使えます。

220ボルトの口のみが付いているSTAVOLもありますので、日本の電化製品を使いたい人は、110ボルトの口がついている機種を必ず選んでくださいね。

うちは、日本から持参した100ボルト対応の電気カミソリや電動歯ブラシは、110ボルトの口を使っています。

差し込み口の形状は同じなので、間違って100ボルト対応の電化製品を220ボルトの口に差し込まないよう注意してくださいね。

●自動電圧安定装置(スタビライザー)を搭載していますので、電圧が揺れても、一定レベルに調整してくれます。




STAVOL(スタボル)5



うちは、STAVOLが3台あります。

STAVOLは電圧が上下するたび「ギュー、ギュー」元気よく機会音を立ててくれます!

たぶん、電圧を調整している音かな?

ただ、インドネシア産の製品は全面的に信用しちゃ痛い目にあいます。パソコンショップの定員の言うことも嘘か、いいかげなんな事ばかり。

メーカーの言うことも、同じくイイかげん。(泣き笑)本当にイイかげんな製品ばかり作ります。

なので、バリ島で買ったSTAVOLは、自動電圧安定装置として、しっかり機能しているかどうか?一抹の不安は残ります。


【海外生活用変圧器】STAVOL(スタボル)日本



かといって、上の写真のようなSTAVOLを日本で買うと馬鹿高い(3万円~)し、また、そんな重いモノを海外に持ち運ぶのは大変ですから。

とにかく、STAVOLを購入する場合は、必ずお店で動作するかチェック。

あとは、しっかり機能してくれると神に祈って……。こうなっちゃうと、お守り程度として考えたほうがいいですね~。





のすぴ~

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
15:24  |  ITについて  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

Comment

●変圧器

始めまして
バリ島に暮らし始め3年が経過しました。仰せのとおり変圧器は不可欠ですね。私は日本からの製品、特にパソコン類は日本からインドネシアの220ボルト対応の変圧器を持参して使用、3年で3回、モデムがおかしくなりました。そこでSTAVOを購入しました。在住先輩から日本の変圧器もSTAVOを使い精密機械は2重の安全を↓無難とアドバイスを受けました。みなさん、長期滞在予定の方はご注意を
ibumomo |  2010.11.20(土) 09:16 | URL |  【編集】

●Re: 変圧器

はじめまして。
ibumomo様
コメントありがとうございます。
私もいつもibumomoさんのブログを読ませていただいています。

はじめは、自分も旅行用の小さな変圧器とSTAVOLの違いが分からなくて混乱してました。
小さな変圧器は、簡単に言うと、100Vを220Vに変換するだけの機械。STAVOLのように不安定な電圧を調整する機能は付いていないんですね。なので、小さな旅行用の変圧器を使っていても意味はないということなんでしょうね。
のすぴ~ |  2010.11.20(土) 11:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://balidept.blog110.fc2.com/tb.php/116-a268385f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。