2013年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2013年03月16日(土)

バリ島でパソコンが壊れる原因を追え!

のすぴ~です。

ニュピ明け翌日から熱出して寝込んでおりました。
息子、共々ヴィラのエアコンが効きすぎてやられてしまったようです。2人して寝込んでしまいました。

やれやれ。


で、前回からの流れで、パソコンが壊れまくっている話ですが、なんで壊れるのか?ということを、もう少し真剣に考えてみたいと思います。

これまで「まぁ、こっちでは修理代も安いし、壊れたら壊れたでいいか~」と安直に考えていたのですが、ここまで続くと「ええかげんにしろ!」と叫びたい域をすでに通り過ぎて「ふふ~ん、またキタネ~」という悟り状態に近い域まできてしまったような、そんな気分です。

13台あるパソコンのうち、過去に壊れていないのは、5台。8台は過去に様々な症状で壊れ、そのうち6台は修理回数2回以上。その6台のうち4台は3ヶ月に一度は修理屋行き。

最悪は、ハードディスクの破損ですが、これは過去に1台のみでした。バックアップをとってあったので、ラッキー、ハッピーで前向きに考えられたのでいいんですが、修理代も続くと馬鹿にならんのです。

一応、電圧調整装置のスタフォルを全部のPCに接続し、無停電装置もつけています。バックアップ体制も万全に、サーバと別に外付けハードに保存。

てな状況です。

で、考えられる原因をピックアップしていきます。

1)ホコリ
故障の原因で分かっていることの1つは、ホコリです。バリ島のホコリはやっかいです。空気が乾燥している時にパソコン内に溜まったホコリは、湿度が高くなった時に「ベトベト状態」になり、パソコンの熱を逃がすファンにからみつき、しまいにはファンの動きを停めてしまったりします。さらには、粘着質のホコリは水分も多量に含んでいるので、基盤にからみつき、ショートさせることが予想されます。

対策としてディスクトップは適時、ホコリを除去しています。ノートPCは、なかなかファンのところまでホコリを除去難しいので壊れるまで放置状態。この原因で壊れたと思えるのはノートPCの1台のみです。


2)停電
バリ島は頻繁に停電が起こります。当然、いきなり電源を止められたらディスクトップは調子が悪くなると思います。しかしウチは無停電装置をつけているので原因から除外します。


3)電圧
バリ島の電圧の上げ下げは日本と比べるとスゴイです。笑えるほどです。これは電圧調整器が無いとパソコンに影響があると想像できます。バリ島ではスタフォルという名前です。(他の名前があるかもしれません)日本の120vの電源も取れるスタフォルも3000円程度からあります。しかしウチは各パソコンに、スタフォルを接続しています。しかし、このスタフォルもしっかり機能しているか不明です。針だけギュンギュン動く、なんちゃって電圧調整器という可能性もインドネシアならありえますので半分疑っています。でかくて重い2万円くらいのスタフォルも売っています。こちらは、つける前とつける後ではまるで違うという話もありので、もしかしたら安価のスタフォルではダメかもしれません。わかりません。


4)雷
バリ島は雷がドッカーン、ドッカーン落ちまくります。雷が近くに落ちたら、電化製品にもの凄い電圧がかかり壊れる可能性があります。うちはスタフォルがあるので安心して、そのままパソコンを使用していました。ちゃんとスタフォルが機能していれば、ヒューズが先に飛んでくれるはずです。3)の不安は確かにありますが、まぁ、これまでそれが原因で壊れたことはないので、ウチのパソコンが壊れる原因では無いと思っています。


5)日本の電源とインドネシアの電源の間違えた
日本からバリ島に越してきたときに起こる、よくある話です。まずウチの場合、バリ島に来た初日に子供がWiiを爆破させました。電源を入れたとたん「ボン!」という破裂音と煙。完璧におじゃんです。それと、半年前のことですが、新人スタッフが入り席替えをしてたところ、スタッフが知らずに日本の電源元をインドネシアの電源に差込み「ボンッ!」。これでスタフォル3台と買ったばかりの無停電装置が破損。完全お釈迦。パソコン1台は電源を交換で復旧しました。
日本から電化製品を持ってくる場合は、必ず100v~240vくらいの世界対応か確認しましょう。


6)湿度
ご存知のようにバリ島は高い湿度。当然パソコンにいい環境であるはずがありません。エアコン完備の部屋にパソコンを置くことが当然いいでしょう。ウチの場合、残念ながら会社にはエアコンがありません。風の通りがいいので人間は苦にならないのですが、パソコンは苦しんでいるのかもしれません。ただ、地元の人も同じ環境だと思うのですが、ウチのように頻繁に壊れることは無いようです。なので、これが原因ともいいきれないですね。


7)ウイルス
現地調達のパソコンで、修理して治って来たばかりのパソコンが完全にウイルスでやられてしまったようです。インドネシア推薦のウイルスソフトを入れてあったのですが、それもスルーして、もはや、システムの根っこまで入り込んだようで他のウイルス対策ソフトでも駆除できず、気持ち悪いので放置したままですが、そのうち修理屋に持っていきます。他のパソコンは、これを教訓に2種のウイルス対策ソフトで監視してます。


8)漏電
さて、これが本命です。自分はこれが原因だと考えています。バリ島では、パソコン本体を触るだけでピリピリ感電することがよくあります。日本では経験したことが無いので初めての時は驚きましたが、慣れてくると「こんなもんだ」とスルーしていました。パソコンで音楽を聴こうとイヤホンをつけると「ピリッ」ときたり、iPhoneをパソコンとつなぐと「ピリッ」ときます。この「ピリッ」が痛いんですよね。
バリ島は湿度が高いので静電気では無いと思うので、これは漏電なのでしょう。

人体の通過電流としては2~8mAでしょうか。

漏電には、アースを取ることですが、雷からPCに電気が逆流する可能性も捨てきれず躊躇しています。前の家では、実験的に針金をパソコンから地面につなげてアース替わりを手作りしたのですが「ピリッ」は解消できず効果ありませんでした。

この件、なんらかの対策を取られている方がいらっしゃればアドバイスお願いいたします。


9)ブラックマジック
ひえ~。バリ島には恐ろしい呪いの術があります。「憎む相手を呪いで病気にする」こと、「好みの彼氏彼女にマジックをかけて自分に惚れさすこと」などなど。ならば、モノにマジックをかけることもできるのでは?と思ってしまいます。ウチは別件でバリアン、マンクーに相談したことがありますが、その気配はなさそう。バリ島の鉄の日も、しっかりパソコンにお供えをしていますし、まぁ、マジックが原因ではないでしょう。多分。。。


10)引き寄せの法則
バリ島では、不思議な事が続くもんです。例えば、人との出会いでありえない偶然が続くとか、確率で言えばほとんど0%に近いと思うことが良くあります。ウチだけかと思えば、そんなことないようで長く住む在住日本人の多くが実感しているようです。まぁ、人によれば「単なる偶然、信じる奴は気持ち悪い」という気持ちは分からないでもないですが、でも、モノには限度があります。1回、2回だったら偶然ですむことも、数を重ねれば何かあると思うのも当然でしょう。でも、その経験がないとわからないことでしょうね。
引き寄せの法則は考えたことが現実化すること。いつも何かを不安に思ったりしてると、不幸な現実を引き寄せてしまいます。なので、「パソコンもそうかな~」なんて考えたりしちゃいます。


ということで、10の原因と思われる事項をピックアップしてみました。9)と10)に関しては、疑問に思われる方もいるかもしれませんが、「バリ島のパソコンが壊れる原因」ですから、まぁ重要です。重要だと思います。日本人だけじゃなくて現地の方も見てますからね。

以下、追記です。

11)パソコンのパーツ
頻繁に壊れるウチのパソコン4台は、バリ島のリモで作ってもらったディスクトップ・パソコン。2万5千円ほどで作ってもらった。やはり、この4台の壊れる率が高いのです。よく壊れるパーツは電源周り。「頻繁に壊れるので良いパーツをつけてくれ」と言ったら1つ6000円だと。今までのパーツの3倍以上。この時、4台いっぺんに壊れたので、全部交換すると2万4千円になるじゃないの。1台新品が買えると思ったらバカらしくなった。ということで、ケチった結果、今までと同じ安いパーツで4台を修理。案の定、現時点で生き残っているパソコンは1台のみ。

これ以来、もう、バリ島で自作パソコンを購入するのはやめました。安く作るには、ひどいパーツを使うことが分かったので以後メーカ品にしています。メーカ品も箱を開封してあるヤツはパーツ交換してある可能性ありなのでダメ。これから買う人は確認してくださいね。

ちなみに、ケーブル関係。LANケーブルはバリ島で買うのはオススメしません。嘘じゃなく断線している確率が高いのです。それと使っているうちに断線します。ケーブルを包み込むゴムが硬いので折り曲げた時に断線しやすいのです。

また、LANケーブルの先に大きめのマッチ箱みたいなカタチをした「モジュラーローゼット」は、バリ島でケーブルと別途販売しています。これがまた曲者。1つ100円程度と30円程度の中国製というのがあります。この30円程度のヤツは元から使えません。最初から不良品です。ひどい話です。



バリ島情報




スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
13:10  |  ITについて  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  編集  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。