2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011年01月09日(日)

バリでも日本のマンガがレンタルできるんですね。娘ははまりそうです。

こんばんは、まめです。


昨日は、前々から娘が行きたがっていた「マンキー」という日本のマンガ喫茶のような感じのお店に行ってきました。(私は日本のマンガ喫茶に行った事がありません。)

そちらは、店内のマンガをゆったり読むことも出来るし、レンタルもできるとか……。

あと配達も有りだそうです。

実際お店には沢山の日本のマンガが置いてありました。

日本語のマンガに飢えていた娘は釘付けです。

もともとマンガ好きではなかったのですが……。

以前日本で通っていた塾の先生の言葉を思い出しました。

「小説はもちろんだけど、マンガも国語力アップしますよ。」文章読解に役立つそうです。

オンラインゲームよりは、数段良いですよね。

マンガの値段しか分かりませんが、レンタルの場合は保証金700円ウラス、レンタル代70円(一週間で)、保証金は退会時に戻ってくるそうです。

マンガの他に、小説や雑誌もありました。

娘は、お年頃なのか恋愛系の少女マンガを選び5冊をレンタルしましたよ。

ほたるのひかりや、のだめは借りないのか。(母は大好き!ドラマしか知りませんが。)

バリにいても日本のマンガがレンタル出来るとは、なんとも便利ですね。

娘は、はまりそうです。




スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
20:14  |  バリの噂話  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2010年11月24日(水)

毎週水曜日、お水の宅配屋さんが来てくれます

こんばんは、まめです!

昨夜は、深夜3時くらいまで、ジュリアロバーツの映画を見ていたので朝がきつかったです。

バリがちょくちょく出てくるので親近感がもてましたね。

ただ、全て字幕なしの映画だったので、なんとなくしか分かりませんでした。


今日は水曜日、毎週水曜はお水の宅配屋さんが、来てくれます。

お水2

最初バリに来たばかりの頃は、水が無くなると大家さんにお願いしていました。

毎回続くと、さすがに申し訳ないな~と思い、ご近所の日本の方に相談しましたら、お水の宅配屋さんを紹介してくれました。

水車

これは便利!しかも、お兄さんたちはニコニコ!

お値段は、1つ70円位ですね。

たしか最初、ボトル代にいくたかかかったと思いますが、お水は毎日使うものですから自宅まで届けてもらえるととても便利ですね。

このお水、すごく重くて最初はパパと2人がかりでお水のサーバーに設置していました。

いつだったか、バランスを崩してキッチンが水浸しになったこともあります。

なぜだか、庭までボトルが飛んで行ってしまい、焦ったこともありました。

そのときのボトルはボコボコ‥…。

弁償代をいくらか取られちゃいました。それからは、慎重に設置しています。

お水の宅配はおすすめですよ。



今日、ワンくんは、本能に目覚めてしまい、ネズミくんをゲット。

(ワイルドなワンくん)

ワイルド

私が騒ぐと、得意気になってこちらに持ってくるのです。その度、悲鳴の嵐でした。

ほんとに、困る~。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
22:19  |  バリの噂話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010年11月11日(木)

新庄剛志さんがバリ島で絵描き修行?

え?新庄剛志さんがバリ島で絵描き修行?

あくまでも、下記ニュースソースからの勝手な推測ですので……。

南の島で、絵描きが集まる村”“芸術の村”として有名な場所と言えば「ウブド」ぽいでしょ。

この文章だけの推測です。いいかげんな情報でゴンメネ。

ファンなんで、ちょっとワクワクしてしまいました。

でも本当の情報だとしてもそっとしてあげたほうがいいね。


のすぴー


以下ソースを転送しときます。




新庄剛志さん 「絵描きになる」と言い残して南の島に消えた

NEWS ポストセブン 11月10日(水)10時5分配信
 日本シリーズの興奮冷めやらぬ中、かつてその舞台で躍動したあの名選手の意外すぎる近況が飛び込んできた。元北海道日本ハムファイターズの伊達男・新庄剛志(38)が、南の島に行ったまま長きにわたって姿を消しているというのだ。芸能関係者を中心に、その噂は瞬く間に駆け巡った。

 ある芸能プロ関係者がいう。「どうやらただの旅行じゃないんです。新庄さん、周囲に“オレは絵描きになる”と言い残して消えてしまったらしい。その島の中でも、“絵描きが集まる村”“芸術の村”として有名な場所にいるらしい」

 2006年の引退以降、新庄は常人には予測できない“迷走”を続けていた。2007年には、長年連れ添ったタレントの大河内志保と離婚。タレント活動を続けながらも、地方競馬の馬主になったり、実業家を名乗ったり……。しかし今年5月、映画『僕たちのプレイボール』のエグゼクティブプロデューサーを務めて以降は、表舞台から遠ざかっていた。

 その間、新庄が決意したのが「画家転身」だったのである。新庄に近しい別の芸能関係者がいう。

「新庄さんにとって、画家になるのは現役時代からの夢だったんです。引退以降、少しずつ絵を描きためはじめ、3年前には北海道や福岡で絵の個展を開いているほどです」とどうやら、その腕前も折り紙付き。

「彼はエアブラシという塗装スプレーで様々なテーマを描き分ける。個展を開いた当時は、自画像や車の絵などが中心でしたが、最近のテーマはもっぱら自然。彼自身が南国の風景にハマっていることもあり、半ば移住状態になっている。仕事のある時だけ帰国するという感じらしい。あれは相当マジですよ」(前出・芸能関係者)

「画家SHINJO」について詳しく聞こうと、事務所に尋ねると、海外に行っていることは認めたものの、詳細については「ノーコメント」と回答を避けた。

※週刊ポスト2010年11月19日号


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101110-00000000-pseven-spo





にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
02:53  |  バリの噂話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010年10月15日(金)

昨日は、ダウンしてました。

昨日は、頭痛がひどくてブログお休みしてしまいました。

歯の噛み合わせがよくなかったのでしょうかー。激痛で、バファリンを何回か飲みました。

熱も出たので、なんだったんでしょうね。

今日、歯医者の予約日だったので、相談したら、歯の調節をしてくれました。

今日は、子供たちが通ってる学校のお祭りの手伝いの日だったので、昨日の激痛が続いていたら

参加できないと思っていたので、落ち着いたので、まーよかったです。

こちらに来ても、盆踊りがあるんですねー。

以前、住んでた東京でも、子供会の盆踊りが開催され、すごい盛り上がりでした。

懐かしいです。焼き鳥を焼いたりやきそば、わたあめ・・・。

係りは、どこでも、大変ですけど、子供たちが喜ぶなら、素敵なイベントですね。

バリの盆踊り、どんなんだろう?浴衣も着用なんですよー。

やきそばは、あるのかなー?あっても、ミーゴレンでしょうね。

明日は、長い一日になりそうです。

追伸

昨日、お友達のお父様から、とても嬉しいザ・日本の味を沢山頂きました。

どうも、ありがとうございました。きゃっ!どらやき!



balidept [http://balidept.com]
まめ


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
20:20  |  バリの噂話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010年09月01日(水)

ワイロとバリ島

バリ島の幹線道路。

片道3車線の道路の中央分離帯に、どんどん椰子を植えています。

今はまだ高さはないいですが、この椰子、そのうち20mにもなります。

これって実はスゴク危険なのです。

ご存知の通り椰子には椰子の実があります。

育った椰子の実って、いかにも重そうですよね。

これって20mの上から落ちてきたら大変だと思いません?

大きく育った椰子の実は自然落下しますよね。

それも車やバイクがバンバン通る3車線道路に落ちてきたら大変です。

車やバイクにぶつかり、とんでもない事故の原因になります。

当然、事故は、もう起こっています。

ではなぜ?危険な椰子を中央分離帯に植え込むのか?

それは、通常の植木より椰子の木の値段が高いからです。

「値段が高い」のと、どういう関係があるの?と頭をひねる方がいると思います。

つまり、「値段が高い」ほどお役人のワイロがホクホクになるということ。

高い椰子を植木業者から仕入れ、大きなマージンをいただくわけです。

というわけで、バリ島のお役人は、島民が危険な目に会うより、自分の懐が大事です。

政治家が私腹を肥やした過去の日本?(今も?)と同じですね。

でも、日本はなかなか、こうした目につくことはできなくなりました。

バリ島は、まだまだワイロが公然とまかりところです。


のすぴー




にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
旬なネタ満載
バリ
バリ島の事なら
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
14:41  |  バリの噂話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。